【2017年7月新発売】ミーレ食洗機G6000EcoFlexシリーズは何が変わったのか?

弊社でも導入されるお客様の多いミーレの食洗機ですが、2017年7月7日に新モデル(G6000EcoFlexシリーズ)が発売されました。以降、現行モデルは在庫限りとなり、全て新モデルへと切り替えが行われるそうです。(25周年記念モデルG4920SCiを除く)

本記事では、新モデル(G6000EcoFlexシリーズ)が旧モデルと比べて何が変わったのか?をご紹介したいと思います。まず、一番大切なことをお伝えします。

価格は据え置きとなります!

いくつかの項目で機能アップされているにもかかわらず、全機種で価格が据え置きとなっています。何とも太っ腹ですね(笑)

旧モデルとの違い

今回、大きく違うのは3点。
(1)洗浄プログラムの『クイックウォッシュ』が『クイックパワー』に変更
(2)カトラリートレイ&バスケットの一部改良(60cmタイプのみ)
(3)G6100の後継モデル『G6620』にオートオープン機能が搭載される。

それぞれ説明させていただきます。

(1)洗浄プログラムの『クイックウォッシュ』が『クイックパワー』に変更

クイックパワープログラムは、短時間での洗浄を可能にするプログラムです。ここでミーレ食洗機に詳しい方なら「そもそもクイックウォッシュだって時短プログラムでは?」と不思議に思うところですよね。

旧モデルに搭載されていたクイックウォッシュは、確かに35~50分(機種と接続水温による)と、本当に短時間で洗浄できるところが魅力的ではありましたが、洗浄温度は40度に抑えられていることも影響して、汚れの程度によってはどうしても落ちきらないこともあるのが難点でもありました。また、短時間ゆえ洗浄タブレットが溶けきらないこともあったそうです。

新モデルに搭載されたクイックパワーの本洗浄水温は65度に設定されているので、洗浄力も心配はありませんし、タブの溶け残りは心配ないとの事です。

洗浄時間も1時間前後となっているので、通常のプログラムに比べてやはり大幅に時間を削減することが出来ます。まさに、「洗浄力と時短」の両方を実現出来るプログラムなのです。だから「クイック」と「パワー」で「クイックパワー」なんですね!

また、ミーレ食洗機用専用洗剤『ウルトラタブマルチ)』を使うことで、その洗浄時間は最短で58分とさらに短くすることが出来ます。ウルトラタブマルチは、従来のタブよりも早く溶けるように改良されているので、その分、全体の洗浄時間が短く済むカラクリです。

なんと新モデル発売を記念して、新モデル食洗機を購入された方には、このウルトラタブマルチがプレゼントされるキャンペーンも行われるとのこと。通常どおり購入した場合は1箱3672円(税込)なので、なんと実質55080円もお得なキャンペーン内容になっています!ぜひともこの機会に手にしたいものですね。

新モデル販売キャンペーン(洗剤無償プレゼント)

プレゼント内容:タブレット洗剤1箱(20個)に加えて、さらに14箱(280個分!)をミーレオンラインショップにて引換可能になるクーポンが機器に同梱されます。
プレゼント対象:発売日から2018年1月6日までの間にミーレ倉庫より出荷された新モデル機。(G4920SCiは除く)

(2)カトラリートレイ&バスケットの一部改良(60cmタイプのみ)

(2)カトラリートレイ&バスケットですが、今回の改良は60cmタイプのみとなっています。

形状や機能などは従来と変わりはありませんが、今まではバスケットの「可動部分」の色分けがレバーなどだけだったのに対して、可倒部分のピンやホルダーなどにも色分けがされ、よりユーザーにとって分かりやすく使いやすいバスケットになるようです。

(3)G6100の後継モデル『G6620』にオートオープン機能が搭載

今回のモデルチェンジで一番インパクトのあった改良点と言えます。特に旧モデルでG6100とG6300で迷われていた方に朗報です。(残念ながら45cmタイプのG4700シリーズにはオートオープン機能は付きません)

オートオープン機能とは、プログラム終了後に自動でドアが開いてくれるシステムです。庫内の水蒸気を逃がすことで食器の乾燥が促進されますし、乾きにくいプラスチック製食器に残りがちな水滴も緩和されます。

旧モデルでは、このオートオープン機能が付くのはG6300シリーズから上位モデルのみとなっており、G6100シリーズには付いていませんでした。それがなんとG6100シリーズの後継として発売されるG6620シリーズにはオートオープン機能が搭載される事になったのです。これは本当に大きな変更点ですね。

以上が新モデルで変わる大きな点となります。庫内容量や使用水量、消費電力などに変わりはないとのことです。基本的な外観デザインにも変更はないとのことでした。

ユーザーにとってはメリットのみとも言える今回のモデルチェンジ、ぜひこの機会にミーレ食洗機を検討してみてはいかがでしょうか?

首都圏限定ですが、機器だけの販売も行っております。見積依頼はコチラからどうぞ!

 
 
 

関連記事

  1. ミーレ25周年記念モデル食洗機G4920SCiはG6620SCiと何が…

  2. アスコ 食洗機はどの機種を選べばよいのか?選び方ガイド【2017年度版…

  3. 【2017年4月】ガゲナウ食洗機にゼオライトテクノロジーが搭載されまし…

  4. ミーレとガゲナウの食洗機 迷ったらどう考えればよいか?【比較の方法】

  5. ミーレ食器洗浄機の運転時間を他社製品(海外製&パナソニック)と比較して…

  6. 海外製の輸入食器洗浄機(幅60cm)をまとめてみました。【2017年8…

  7. ミーレ(miele)の食器洗浄機の選び方【2017年8月版】

  8. 【45cm】ミーレ食洗機のグレードごとの違いと価格差【2017年8月版…

過去の記事

最近の記事

施工例(ユーロキッチンズ)

おすすめ記事