海外製・輸入製のようなデザイン冷蔵庫は国内には無いのか?

【2016.4.25追記】
本記事で紹介している日立製冷蔵庫は製造中止の情報も出ております。(弊社では昨年夏頃に導入した実績がありますが)事前にメーカーや家電量販店に在庫を確認していただく事をお勧めいたします。

 

輸入キッチンのヒアリングをしていると、海外の冷蔵庫を輸入できますか?と聞かれることがあります。特にアメリカのGE社やワールプール社などの輸入冷蔵庫のようなおしゃれなデザインを希望される方が多いです。

観音開きタイプでボリューミーなデザイン、ステンレス扉やキッチンと同じ面材を組み込めるタイプなど、とても存在感のある冷蔵庫で、特にアメリカ系デザインのキッチンとよく合います。

しかし、サイズが大きくて、価格も40万円以上と高価なこともあり、現実的には、なかなか購入までは至らない場合がほとんどでした。

そんな中、お客様に素晴らしい冷蔵庫があるのを教えてもらいました。何と、海外製のようなおしゃれなデザインで給水タンク式アイス&ウォーターディスペンサーまで付いている冷蔵庫が日立で販売されていました。

R-SBS6200

発売日は2009年4月ということで、約6年間も気が付かずにおりました。これまでにGEやワールプールの冷蔵庫を断念されたお客様に、この知識不足と不勉強さを謝りたいです。申し訳ありません。

実勢価格は約33万円程度と輸入冷蔵庫の約半額、しかも国産ですので、修理や故障などのアフターメンテナンス面でも安心ですね。特に日立の白物家電は耐久性が高くて有名ですので、きっと長く使い続ける事ができるでしょう。

詳細は日立のホームページをご覧ください。

製品紹介ページ
http://kadenfan.hitachi.co.jp/rei/lineup/r-sbs6200/index.html

プレスリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2009/03/0304a.html

冷凍室、冷蔵室、野菜室をすべて開き扉式とした3ドアタイプとすることで、庫内が見渡しやすく、食品も取り出しやすい、新しいスタイルの最高級冷蔵庫です。さらに、ドアを開けることなく、ワンタッチでキューブ氷(角氷)やクラッシュ氷(砕いた氷)を取り出せ、冷水も出せるディスペンサーの搭載により、様々な調理や生活シーンで使用できます。

給水タンク式アイス&ウォーターディスペンサーとは、ドア面のタッチパネルからクラッシュ氷、キューブ氷、冷水をボタンひとつで選べる機能です。洗える給水タンクや抗菌浄水フィルター、抗菌給水パイプなどにより、簡単なお手入れで、クリーンな氷と冷水が楽しめます。

給水タンク式(世界初!)なので、水道工事が不要なのは良いですね!(海外製品の場合は水道直結方式なので、事前に水道工事が必要になります。)

R-SBS6200_2

ご注意いただきたいのは、設置スペースがかなり必要な事、搬入経路を確保が必要な事です。事前に建築会社様に相談される事をお勧めいたします。

r-sbs6200-size

早速、あるお客様に話してみたところ、希望にぴったりで大変喜ばれました。設置された際は、このブログでも紹介したいと思います。

 

その他、検討に役に立つサイトをご紹介させていただきますので、参考にしてください。

naoさんのブログ(搬入に関しての工夫・苦労が分かりやすく記載されています)
http://blog.livedoor.jp/asobiba_ie/archives/51304335.html

観音扉を開いたままの搬入とは、発想の転換で素晴らしいですね!

 
 

関連記事

  1. アメリカ製の冷蔵庫を購入する前に必ずチェックしておきたい5つの準備

  2. 【決定版】海外製・外国製の輸入冷蔵庫の選び方ガイド(全体把握編)

  3. 海外の冷蔵庫をおしゃれにビルトインした事例紹介

  4. キッチンキャビネットにビルトインできる高級冷蔵庫の選び方

  5. ミーレ冷蔵庫(KFN 12823 SD)が販売終了しました。

  6. 国内で販売している海外製の輸入冷蔵庫を一覧にしました。(アメリカ、ヨー…

  7. ステンレス扉やサイドバイサイドがおしゃれな海外の冷蔵庫をまとめてみまし…

  8. アイスディスペンサーが内蔵されたアメリカ製冷蔵庫の選び方

過去の記事

最近の記事

施工例(ユーロキッチンズ)

おすすめ記事