【施工例】アメリカンカントリーなオーダーキッチン 水戸市S様

今回は茨城県水戸市に建築された輸入住宅に設置したアメリカンカントリーデザインのオーダーキッチンをご紹介します。

アメリカに住んでいた経験のあるお施主様のイメージに合わせ、少し赤みが掛かった色合いの無垢オーク扉材を使用したアイランドキッチンとなりました。壁側は450cm以上の長いI型キッチンに、幅173cm×奥行95cmのアーチ形状のアイランドカウンターが組み合わせました。

mitos_16

mitos_15

通路幅もゆったり90cm確保しておりますので、複数人数での料理や後片付け、ホームパーティーでも大丈夫です。勝手口を開ければ、そのままカバードデッキが広がり、天気の良い日には外で食事ができます。

mitos_29

3メートルもあるワークスペースの両脇にはトールキャビネットがあり、食器や調理家電を収納できます。右側のトールキャビネットの中段にはお手持ちの電子レンジを収納する予定です。

mitos_03

左側のトールキャビネットには、主に食器類を収納する予定です。奥の扉の向こうには、パントリー兼家事室が設けられており、奥様用のデスクも用意されております。

mitos_22

今回もクォーツエンジニアリングストーンのカウンターに、カラーステンレスシンク、デルタの水栓の組み合わせです。浄水器は三菱クリンスイを採用しました。

クォーツストーンのキッチン天板はシーザーストーン(caesarstone)のシイタケというグレー系の石目模様の石種を選びました。赤みの強いブラウンの扉と良く合っていて、とても高級感のある組み合わせになりました。

mitos_05

ガスコンロは、鋳物製のゴトクがおしゃれなハーマンのプラスドゥ(PLUS do)とビルトインガスオーブン(DR320CK)の組み合わせです。

mitos_06

幅15cmのボトルラックをガスオーブンの両側に配置し、デザインが良くなるようにました。

mitos_25

レンジフードの前幕板に扉と同じパネルを組み合わせました。

mitos_07

タイルは人気ナンバーワンのアドヴァンのサブウェイタイル(メトロⅢ)です。ボーダータイルやレンガ調タイルなど、かなり悩みましたが、最終的に奥様が決断されました。写真ではわかりにくいと思いますが、今回はホワイトではなく、クリームにしました。

mitos_27

取っ手はアメリカから取り寄せました。

mitos_09

mitos_10

観音開きのシンクキャビネットを開けたところです。扉の裏側に包丁差しが付いており、中には浄水器のフィルターが置かれています。最近では、引き出し式のシンクキャビネットの方が多いのですが、アメリカンカントリースタイルの場合は、開き戸式の方がデザインが良く見えます。

mitos_26

引き出しの中に米びつがビルトインされているキャビネットです。今回初めて採用しました。

mitos_12

アイランドの中は、ダイニングからは死角になりますので、炊飯器などを置く家電収納用のスライド付きキャビネットとゴミ箱を設置するためのオープンスペースになっています。

mitos_13

mitos_24

十分な広さがあるアイランドカウンターでは、調理や配膳はもちろんですが、お子さんが勉強したり、朝ごはんを食べたり、多目的に使えそうですね。

mitos_19

アイランドの両側のサイドパネルには、それぞれ家具調コンセントを組み込んで、アイランドの上でも調理家電が使えるようになっています。

mitos_14

mitos_23

お施主様からも、まさにアメリカのキッチンの雰囲気で、とても高級感があります!と大変喜んでもらえました。

mitos_01

mitos_17

 
 
 

関連記事

  1. 【施工例】エレガントなオーダーキッチン 江東区M様

  2. 【施工例】エレガントモダンなオーダーキッチン 蓮田市S様

  3. 【施工例】エレガントモダンなオーダーキッチン 調布市K様

  4. 【施工例】アメリカンカントリーなオーダーキッチン 佐倉市K様

  5. 【施工例】イタリアンモダンなオーダーキッチン 我孫子市H様

  6. 【施工例】ヨーロピアンクラシックなオーダーキッチン 白馬村M様

  7. 【施工例】イタリアンモダンなオーダーキッチン 北区A様

  8. 【施工例】イタリアンモダンなオーダーキッチン 目黒区T様

過去の記事

最近の記事

施工例(ユーロキッチンズ)

おすすめ記事