AEG(アーエーゲー)東京ショールームを見学してきました。

AEG(アーエーゲー)とは、ドイツ語で「総合電機会社」という言葉の頭文字をとった略語になっています。1883年の創業以来、新しい動力の開発や、革新的な製品作りを続け、1950年代にはそのネームバリューも確たるものになりました。

1994年にはスウェーデンの電気製品メーカーであるエレクトロラックスの傘下に入り、以降は「AEG」は同社のブランド名となっています。現在は、生活空間に調和する家電機器の可能性を求め、シンプルさと機能性を融合させたデザイン作りに力をいれています。

・・と、すっかり堅苦しい説明になってしまいましたが、最近では日本でもその名を知っている方が増えてきているのではないでしょうか。特に食洗機選びにおける選択肢の一つとして、AEGの名前を挙げられるお客様も多くなりました。

そんなAEGブランドの製品が取り揃えられている東京ショールームへ見学に行って来ましたので、ご紹介致します!

AEG東京ショールームの概要

場所 港区芝公園2-4-1 芝パークビルA館6階
最寄駅 都営浅草線「大門駅」、JR「浜松町駅」それぞれ徒歩5分
営業時間 月~金曜日 9時~17時30分
電話番号 03-6743-3070

最寄り駅は都営浅草線「大門駅」、JR「浜松町駅」からも徒歩5分ほどと便利な位置にあります。浜松町から歩く場合は、「金杉橋口」から出て、第一京浜へ向かって進みます。第一京浜を超えて、さらに道なりに真っ直ぐ進むと、右手に「芝パークビルA館」が見えてきます。

エレベーターで6階へ上がると、ショールームのエントランス(エレクトロラックスと書いてあります)が見えます。エントランスに備え付けられている内線電話でスタッフを呼んでもらいます。※訪問される場合は事前の予約が必要です。


エントランスホールから、左の通路を進んで行くと、展示スペースが設けられています。開けたスペースの中央にテーブルセットが置いてあり、周りを取り囲むように AEGブランドの各製品が並べられており、とても見やすいレイアウトになっていますね。写真ではちょうど隠れて見えませんが、左側にはエレクトロラックス社の業務用の商品なども展示されています。

左から見ていくと、まずは洗濯機・乾燥機コーナーですが、こちらは廃番商品もしくはエレクトロラックス社の商品となっております。(洗濯機(左下):L87480FL、乾燥機(左上):TA86280IC)

洗濯機コーナーの横には食洗機が並んでいます。ちなみに一番左は食洗機ではなく、普通のキャビネット扉です(笑)
ドア面材を揃えることで、食洗機がキッチン全体のデザインに絶妙に溶け込んで、見分けるのが難しいくらいですね。

左から2番目(写真左側)が45センチタイプのF78400IM0P(こちらも在庫限り)、その右は(写真右側)60センチタイプのF65700IW0Pです。

さらに右は同じく60センチタイプのF88705IM0P、その右はF99705VI1Pです。

食洗機の右手には、オーブン類とIHクックトップが展示されています。

電気オーブン(電子レンジ機能無し)のBP8314001Mです。

電子レンジ付きオーブンのKM8100001Mです。

こちらはスチームオーブンのKS8100001Mです。電子レンジ付きオーブンのKM8100001Mとソックリですが、見分けるポイントは、左上にある給水タンク用の部品です。

オーブンの脇には、IHクッキングヒーターが展示されています。こちらはフリーゾーンタイプの4つ口IHクッキングヒーターのHK764400PBになります。

その下には、さらに他の機種のIHクッキングヒーターを引き出し式で見ることが出来るようになっています。

その右手は冷蔵庫&冷凍庫のコーナーになっています。左側の2つは、パーソナルサイズの冷蔵庫SK558200F0、冷凍庫AGS58200F0がビルトインされております。右側には冷凍冷蔵庫のSC591800C0が左右ヒンジを対に設置されており、観音開きの大きな一つの冷蔵庫として使えるようになっています。

以上、東京ショールームでご覧頂ける機器の紹介でした。

各機器の詳しい機能や違いなどは、また別記事にてご紹介致します。

 
 
 

関連記事

  1. リープヘル(liebherr)社のブランド情報と販売商品の紹介

  2. テカ(TEKA)社のブランド情報と販売商品の紹介

  3. ワールプール(whirlpool)社のブランド情報と販売商品の紹介

  4. ガゲナウ(gaggenau)社のブランド情報と販売商品の紹介【2017…

  5. アーエーゲー(AEG)社のブランド情報と販売商品の紹介【2017年8月…

  6. ミーレ食洗機セミナー(トライミーレ)体験レポート

  7. アスコ(ASKO)社のブランド情報と販売商品の紹介

  8. アスコ東京ショールーム(ツナシマ商事)を見学してきました。

過去の記事

最近の記事

施工例(ユーロキッチンズ)

おすすめ記事