【45cm】ミーレ食洗機のグレードごとの違いと価格差【2017年8月版】

追記 ※2017年7月7日の新モデル発売、25周年記念モデルを含めてリライトしました。

本記事は、『ミーレ(miele)の食器洗浄機の選び方【2017年8月版】』の45cm版となります。基本的な流れや考え方については、以下の記事を最初に読んでいただいた方が良く分かると思います。

まずは全体像を把握しましょう。

ミーレ食洗機の全機種(幅45cmタイプ) ※定価(税別)

梅グレード
(旧G4700)
G4720SCU ホワイト 29.8万円
G4720SCi ホワイト 29.8万円
G4720SCi ステンレス 32.8万円
竹グレード
(旧G4800)
G4820SCU ホワイト 32.5万円
G4820SCi ホワイト 32.5万円
G4820SCi ステンレス 35.5万円
G4880SCVi オールドア 36.5万円

梅グレード(4720)と竹グレード(4820)を比較

梅グレード G4720SCi ステンレス 32.8万円
竹グレード G4820SCi ステンレス 35.5万円 ※2.7万円の増額

さて、この27,000円の価格差に対して、いったいどんな点が違うのか?をご説明させていただきます。

大きな違いのポイントは以下の4点になります。

(1)ディスプレイ表示:梅は3桁の数字のみ 竹は日本語表示
(2)洗浄プログラム数:梅は6種類 竹は9種類
(3)竹には3つの省エネ機能が備わっている
(4)オートオープン機能が付かない

(1)から(3)までは幅60cmタイプの違いと同じになります。しかし(4)オートオープン機能が付かないが追加されています。

つまり、2017年7月のモデルチェンジの際、60cmでは25周年記念モデル以外の全機種にオートオープンが装備されたにもかかわらず、45cmの梅モデル(G4720)だけはオートオープン機能が装備されなかったという事になります。

私の個人的な意見を言わせてもらえば、オートオープン機能+省エネ機能が3万円以下で手に入るのであれば、迷わず竹グレード(G4820)にすべきだと思います。スペース的に大丈夫であれば、60cmタイプ(25周年記念モデル含む)も検討していただければと思います。もし、45cm限定なのであれば、ミーレのグレード間の比較よりも、ガゲナウ食洗機との比較の方が重要かもしれません。

 
 
 

関連記事

  1. ミーレとガゲナウの食洗機 迷ったらどう考えればよいか?【比較の方法】

  2. 【2018年最新版】ミーレ 食洗機の選び方&グレード比較

  3. 【2017年4月】ガゲナウ食洗機にゼオライトテクノロジーが搭載されまし…

  4. 海外製の輸入食器洗浄機(幅45cm)をまとめてみました。【2017年8…

  5. 【2017年7月新発売】ミーレ食洗機G6000EcoFlexシリーズは…

  6. ミーレのノックツーオープン搭載食洗機(G6980SCVi)を選ぶ理由と…

  7. ガゲナウの食洗機はモデルチェンジで何が変わったのか?

  8. ミーレ食洗機セミナー(トライミーレ)体験レポート

過去の記事

最近の記事

施工例(ユーロキッチンズ)

おすすめ記事