【25周年モデルが再販売】ミーレ食洗機120周年記念モデル(G4920SCi)が18万円で販売

昨年末に惜しまれながら販売終了となったミーレ食洗機25周年記念モデル(G4920SCi)が120周年記念モデルとなり、再販売となりました。

なぜ、25周年が突然120周年??と思われる方もいらっしゃると思いますが、25周年というのはミーレジャパン創業を、120周年はミーレドイツ本社創業を起点としています。

どちらにしてもお施主様にとっては朗報のキャンペーンですので、まずは詳細をご案内します。

ミーレ120周年記念モデル(G4920SCi)の詳細

製品名:食器洗い機 G4920 SCi(ドア材取付専用)
カラー:ステンレス(操作パネル部)
キャンペーン期間:2019年11月1日(金)~2020年4月30日(木) ※在庫がなくなり次第終了
価格(税抜):180,000円(税込198,000円)
※ビルトイン式、定格電圧:単相200V
※ドア材のご用意が必要な製品です。

標準モデルG6620SCiと120周年記念モデルG4920SCiと違い

基本的には25周年記念モデルと同じ商品だと思われますので、現行機種の中で最もベーシックなグレードであるG6620SCiとの違いを説明した記事が参考になると思います。大きな違いとしてはオートオープン機能が付いていないところですね。

 

いつまで在庫が残っているか?いつ購入すればよいか?

今回の120周年記念モデルのポイントは圧倒的な低価格と在庫状況だと思います。公式情報では販売期間は2020年4月30日までとなっておりますが、注釈で【在庫がなくなり次第終了】との記載があります。つまり、突然キャンペーンが終了する可能性もあるわけです。

ユーロキッチンズくらいの小規模なオーダーキッチンメーカーでも既に数台の依頼があるのですから、もっと大規模なオーダーキッチンメーカー、その他建築会社や建材メーカーなどもありますから、どれだけの数量が動くのか見当もつきません。

ミーレジャパンがどれくらいの在庫数を抱えているのか?在庫がなくなった場合は追加で発注するのか?については、現段階では分かりませんが、もし、追加発注をしないのであれば、年内にキャンペーン終了になったとしても不思議ではないと推測しております。

ですので、工事の時期に合わせて発注する場合、タイミングによっては入手できない可能性があるという非常に悩ましい状況が生まれてしまうのです。(これはお施主様にとっても、弊社等の販売会社にとっても悩ましい(泣))

ミーレ食洗機120周年記念モデルを確実に入手する方法

定価18万円のミーレ食洗機120周年記念モデルを入手する方法として確実なのは、当たり前の話なのですが、キャンペーンが終了する前に発注してしまう方法です。実際にユーロキッチンズでも、商談中のお客様にはこの方法でご提案しています。

発注の際には(1)納品日、(2)納品場所、(3)荷受人の氏名・連絡先の3点を明確に記載する必要があります。たとえば、12月下旬とか3月中旬などの曖昧な予定の場合、正式な受注と認められないので注意が必要です。

出来るだけ遅くしたい場合は、5月24日(か25日)の納品で発注すると良いと思いますが、それまでに現場で保管できる状況になるようでしたら、建築会社様と相談して納品日を決めればよいと思います。

5月下旬になっても現場で保管できない場合

お施主様によっては、5月下旬になっても現場に納品することができない場合もあると思います。その場合は、自宅や実家などで保管する方法がありますが、その際に気をつけなければいけない点がいくつかありますので、以下ご説明いたします。

(1)保管場所と荷受けが必要

まずは、保管場所がなければいけません。下の画像は食洗機(25周年記念モデルですが)の梱包時写真です。見ていただくとわかると思いますが、かなり大きいです。サイズは幅680mm×奥行700mm×高さ980mmで、重さは約70kgです。

さらに荷受けの事も考えなければいけません。ミーレの倉庫から保管場所までは西濃運輸などの路線便業者が輸送してくれますが、基本的には軒先渡しとなります。つまり玄関・入り口までしか持ってきてくれません。(台車で持ってきます)

ですので、台車では移動できない室内が保管場所の場合は、荷受の際に男手が必要になります。(ドライバーが手伝ってくれるケースもありますが、どちらにしても一人での移動は厳しいです)また、路線便の場合、到着時間が読めないので、納品場所で待機しなければいけなくなってしまいます。

なお、路線便は着日指定はできますが、時間指定は不可です。(日祝納品も不可です)

(2)現場までの移動が必要

現場で食洗機が必要になったら、保管場所から現場まで移動しなくてはいけません。普通の乗用車では運べないので、軽トラックや大きなワゴン車・バンを用意しなくてはいけません。積み込み及び荷降ろしは一人では厳しいので、人手が必要です。(また、車に傷つかないように配慮が必要です)

(3)保証期間が短くなる

新築の場合、早期発注時期から実際の使用時期までかなりのタイムラグが発生する可能性があります。ミーレの保証期間は2年間ですが、通常の保証期間よりも短くなってしまう事がありますので、注意が必要です。

以上、早期発注の際に気をつけなければいけないポイントをまとめました。

少し面倒がかかりますが、その手間を補って余りあるほどの価格差があると思いますので、ミーレ食洗機を希望されている方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

 
 
 

関連記事

  1. 海外製の輸入食器洗浄機(幅60cm)をまとめてみました。【2017年8…

  2. 海外製(ミーレやガゲナウ)の食洗機の乾燥力をアップさせる3つの方法とは…

  3. アスコ 食洗機はどの機種を選べばよいのか?選び方ガイド【2017年度版…

  4. 【2017年7月新発売】ミーレ食洗機G6000EcoFlexシリーズは…

  5. ミーレ食器洗浄機の運転時間を他社製品(海外製&パナソニック)と比較して…

  6. 【2019年10月最新版】ミーレ 食洗機の選び方&グレード毎の違いをま…

  7. 2分で洗い終わる食洗機はいかがですか?【海外製】

  8. 【45cm】ミーレ食洗機のグレードごとの違いと価格差【2017年8月版…

過去の記事

最近の記事

施工例(ユーロキッチンズ)

おすすめ記事