ミーレ食洗機G7000シリーズが秋頃に新発売。新しく追加された4つ機能を紹介します。

現在、G6000シリーズで展開されているミーレ食洗機ですが、2020年秋頃にG7000シリーズとして新しくなるという情報が入りましたので、紹介させていただきます。(ドイツではすでに販売開始されているようです)

 

特設サイトがオープンになっていいるのですが、ラインナップや価格設定などの詳細はまだ分かっていません。本記事では特設サイトに記載されている概略をご案内しますが、詳細が分かりましたら、都度、ご紹介したいと思います。

特設サイトの最下段よりメールによるニュースレターの登録ができますので、最新情報を知りたい方は登録されてるとよいと思います。

特設サイトは以下の画像をクリックしてください。(新しいウィンドウが開きます)

ミーレ食洗機G7000シリーズの特徴

特設サイトで紹介されているいくつかの特徴をご案内します。

洗剤の自動投入機能が追加

ミーレ食洗機G7000シリーズでは、従来の食器洗い機では不可能だった洗剤の自動投入が可能になりました。7PowerDisk® を装着した革新的なAutoDosシステムが、常に最適な量の洗剤を自動で投入し、食器の洗浄、乾燥、保護の相乗効果により理想的な洗い上がりをもたらします。

バスケットデザインの変更

FlexLineバスケットデザインの採用により、洗浄効果を向上させる新しいスペースが生まれ、これまで以上に食器の収納や出し入れがスムーズになります。たとえば、可動部分を動かすことで、3DMultiFlexトレイが今までなかった場所にスペースを作ることができます。

専用アプリによる便利機能が追加

いつでも、どこにいても、Miele@mobileアプリを使って G7000食器洗い機の操作ができるようになりました。

無料のMiele@mobileアプリを使うことで、スマートフォンやタブレットでいつでもどこからでも簡単に外から状況確認、運転スタートなど遠隔操作することができます。また、PowerDisk® の残量レベルや、設定されているプログラムが実行されるまでの残り時間も確認可能です。

さらに、事前予約した時間に自動でスタートするAutoStart機能も搭載しています。あらかじめ設定した時間(1つまたは複数)に自動で洗浄を開始するよう設定でき、「スタートボタンを押し忘れて食器を洗えなかった」なんてこととはもう無縁です。

最先端で使いやすいディスプレイの採用

ディスプレイを直接タッチしたり、またはスワイプすることで簡単、スピーディーかつ直観的に操作することができます。ブラックのコントロールパネルと光り輝くMieleロゴを使用した高品質なデザインはミーレ食洗機G7000シリーズの特徴的なデザインと見事に調和しています。

 
 
 

関連記事

  1. 【販売終了】ミーレ食洗機120周年記念モデル(G4920SCi)が18…

  2. 【2017年4月】ガゲナウ食洗機にゼオライトテクノロジーが搭載されまし…

  3. ガゲナウの食洗機はモデルチェンジで何が変わったのか?

  4. 食器洗浄機の選び方と参考価格

  5. 【2020年6月最新版】ミーレ 食洗機の選び方&グレード毎の違いをまと…

  6. 【45cm】ミーレ食洗機のグレードごとの違いと価格差【2017年8月版…

  7. アスコ 食洗機はどの機種を選べばよいのか?選び方ガイド【2017年度版…

  8. ミーレ食器洗浄機の運転時間を他社製品(海外製&パナソニック)と比較して…

過去の記事

最近の記事

施工例(ユーロキッチンズ)

おすすめ記事